結のまったり生活ブログ

結のいつもの生活あれこれ

SEなら知っておくべき地道の5つの法則


糖尿病改善5ミニッツ 自宅でラクにできる「青坂式」糖尿病改善プログラム

地道という劇場に舞い降りた黒騎士

突然ですが、yasuは今、日本にいません。



・・・と、いきなり、ハイテンションな書き出しで始まり、驚かせてしまったかもしれませんね。
すみません。

日本不在の理由は後述するとして、まずは、中止の発表からこれまでの、僕らの日々を簡単に振り返ってみたいと思います。

yasuと僕は、この一ヶ月あまりの間に(正確には会わなかった2週間以降からになりますが)、地方も含めて、いくつかの病院を訪ねて来ました。

?改めて、正確に現在の病状を把握する ?複数の医師の見解を聞く ?その上で治療の方向性を決める、というのがその主な目的です。

診断の詳細は省くとして、その内容を簡単にまとめますと、今のところ手術はしなくても良さそうですが、治るまでにはやっぱり、それなりの時間が必要、ということでした。


yasuが感じている痛みが、どの程度のものなのか、本人ではない僕には分かりません。
頻繁に患部に触れていたり、ときおり腫れていたりするのを見て、推察することぐらいしかできないし、彼の苦しみを本当の意味で、共有してあげられないのが、とても悔しいです。

とくに天気の悪い日の前日なんかは、起きるのも大変で、本当に辛いんだそうです。

先日、yasuと会ったときの話なんですが、「今日は天気も良かったし、明日も天気予報では晴れるらしいから、少しは楽に起きれたの?」って聞いたら「いや、しんどかったですね〜」と言うので、
その場でスマホを使って、改めて翌日の天気予報を調べてみたのですが、やっぱり晴れで。

「おかしいね」なんて言っていたら、翌日はなんと、記録的な大雨。

後日、二人で、「もはや、yasuの体は、どんな天気予報よりも正確だね」とか「治ったら、俺のこの特殊能力も失くなっちゃいますね」とか、そんなふうに話しながら、笑いました。
(もちろん本当は笑い事じゃないんですけど、深刻になり過ぎていたり、悲壮感が漂っ\xA4
討い襪錣韻任發覆咩△海Δ靴鴇蘆未鮓世す腓辰燭蠅發靴討い襦△箸いΔ修諒薫狼い魎兇玄茲辰督困韻譴弌△函\xCB


どのお医者様も、まずはゆっくりと休養を取ることが大切だ、とおっしゃっています。

心と体が緊張していては、治療の効果も半減してしまうからです。

でも、yasuの日常はというと、僕という存在も含めて、相変わらず、しがらみや考えることが多くて、なかなか完全には仕事を忘れることができません。
今頃はツアー中だったのに、という想いもあるでしょう。
そうしたことが、「早く治さなきゃ」という彼の?焦り?に繋がってしまうように思います。

また、ここ最近の気候の不安定さが、必要以上にyasuの体を苦しめているようにも見えました。

活動休止を発表してからも、?林保徳?に戻る暇なく、未だに?yasu?として、ずっと戦い続けているんだろうなぁ、と、そんな感じなんです。


解放してあげられないかな、と思いました。
?yasu?という鎧を脱ぎ、一旦、戦うことを止めて、ゆっくりと休んで欲
しいな、と思いました。

治療チーム(もう、勝手にチームと僕は呼んでいます)の皆様ともそんなことを話し合い、導き出した答えは、
「しばらくの間、気候と気圧の安定したところへ行って、心と体の状態をリセットしてあげること。まずはそれが治療への第一歩」
ということで、半ば強引に、yasuには海外へ飛んでもらいました。
ほんの3日前のことです。

ということで、冒頭のハイテンションな?突然ですが、yasuは今、日本にいません?という書き出しに繋がります。


まさに現在進行形の話ですし、?休養させたい?という趣旨からも、行き先の公表は控えさせてくださいね。
ご理解頂ければありがたいです。

現地には友人も何人かいるそうですし、安定した気候と気圧で、恒常的にある痛みが、少しでも和らぎ、yasuの心と体が思いっきりリフレッシュされて帰って来てくれたらいいな、と心から願っています。


以上が、今日までの近況報告となります。


そして、これからの話です。


「肌に合わなかった!」とか言って、すぐに帰国して来ない限りは、当面は向こうにいて、寒暖差や気候が安定してきた頃を見計らい、日本に戻って、本格的な治療に入って行く予定です。

おそらく、すべてのことが、本当にゆっくりとゆっくりと進んで行くことになるんだろうなぁ、と想像しています。


治療やリハビリは、地道な作業の積み重ねです。
その道のりは長く、劇的な変化を望むより、緩やかでも確実な進歩を目指して、粛々と、それらをこなしていかなければなりません。

焦れば、簡単に、ふり出しに逆戻りです。

あまりにも地味過ぎて、皆様にその過程をお伝えしていくことは、ちょっと難しいかもしれません。

でも、こちらからの発信がないからと言って、yasuが皆様のことを忘れるはずもなく、その裏側で、一歩ずつ一歩ずつ、皆様のところへ向かうべく、その歩みを進めているんだ、と。
そのように感じていて頂ければ幸いです。

逆に、長い空白の期間は、多くの人の記憶からyasuのこと\xA4
鯔困譴気擦討靴泙Δǂ發靴譴泙擦鵝\xA3
少し寂しい気も致しますが、それはそれで仕方のないことだ、とも思います。

でも、

?君がいるから 僕がいるんだよ?

なんです。やっぱり。

エルがオヴェスに言った言葉じゃありませんが、
yasuが自分のことをアーティストだと信じて、yasuのことをアーティストだと思ってくれる人が、たった1人でもいてくれたなら、yasuはまた、アーティストとして戻ってくることが出来ます。

クシャクシャってしたあの笑顔で。
いつか、必ず。

ファンの皆様には、まだまだ、ご迷惑とご心配をおかけしてしまいますが、yasuのことを温かく見守っていて下さったら、とても嬉しいです。

何卒よろしくお願いいたします。


三日にわたり、長文、駄文にお付き合い頂き、本当にありがとうございました。

また、沢山の愛が溢れるコメントも、全て読んでいます。
皆様の心が、いつもyasuのそばにいてくれること、心から感謝しています。
本当に\xCB
榲槪砲△蠅❹箸Δ瓦兇い泙后\xA3


皆様に素敵な毎日が訪れますように。



Acid Black Cherryプロデューサー
菊池 真太郎

胴上げして、全員骨折。「地道に相談だ。」

2018年5月に向けて
代行を使わずに会社を立ち上げます
?
自分自身の記録として
それから自分を追い込むために(笑)
進捗状況を随時更新中
?
メモ書き程度の内容なので
参考になるか分かりませんが
ブログとして公開することによって
どなたかのヒントになればと思います
?
-----------
?
ここから先、進捗状況を随時更新
◆ 2018年4月6日の進捗(法務局の相談完了と社印の到着)ここまでで、おそらく7割ほどの作業が終了した実感あり
・法務局へ相談しにいったところ以下のような書類を手渡され、会社設立の届け出のために必要な書類(写真参照)について事細かに書いてありました(8ページにわたる)
・必ず必要な書類は5つ・・ ?(取締役会設置会社の発起設立) ?定款 ?設立時取締役の就任承諾書 ?印鑑証明書 ?払い込みを証する書面
・?〜?の書類を用意して登記日に提出すれば「提出日」が「会社設立日」になるのだそう(不足書類があったとしても、あとから提出すればよいそう・・ 『忘れても大丈夫大丈夫』と、けっ\xA4
海♣睫世❹罎襪ǂ辰拭ΑΑ,修鵑覆發鵑覆里任垢諭‐弌\xCB
・もろもろはに詳細の記載有り
・今更ながら、とても参考になるのサイトを発見(ひとつひとつ落とし込む)
・書類以外に用意すべきものは「私自身の実印」「実印の印鑑証明」3通であると教えてもらう(1通は定款提出時、1通は法務局用、1通は自分用の保管)
・「?払い込みを証する書面」というのを質問してみたら、自分名義の口座に「資本金」を自分の名義で振り込むのだという(笑)なんだかおもしろい話・・ 通帳残高ではなくて「資本金の額を、わざわざ振り込む」ことが必要なのだそう
・今後の流れは4月末に定款の提出 → 資本金の振込&その記載のコピー → 5月10日(会社設立日)に設立登記申請書の提出
・印鑑が到着しました!会社名については、別記事にて発表したいと思います
<次の課題>必要書類の作成、印鑑証明3通用意、定款の印刷
?

?
◆ 2018年4月3日の進捗(法務局の相談予約と印鑑の校正)
・印鑑の校正が終了し支払いも済んだのであとは届くのを待つのみ
・お昼休みに法務局に足を運んだところ、相談は事前予約制ということを知る(ガーン)
?
?
・しかしタダでは帰らないよ!ということでズラーっと並ぶ用紙の中からいくつか選択
?
?
・なんとなく、登記に必要そうな項目のある用紙ににらめっこ(笑)
?
?
・調べてみると、色んな無料相談があるということ\xA4
鮹里襦覆箸いΔ海箸覗畭\xAE、明日の相談を予約)
?

・事前に調べて動かなかったことで、また出直すことになったけど… これもまた学び
・明日は仕事がお休みなので、再び足を運んで相談しに行こう
・登記期日まで1ヶ月を切りそうなので、ここから追い込んでいこうと決める
<次の課題>定款準備(印鑑が届いたら即提出)&法務局へ設立登記相談
?

◆ 2018年4月2日の進捗(会社名の決定と印鑑の注文)

・会社名がようやく決定!定款提出の前に印鑑があったほうが良いとのことで、さっそく印鑑を注文

・印鑑はの「法人印鑑」

・初期費用も会社経費で落とせるとのことなので、領収書をしっかりキープしておかないと

・定款もプリント\xA4
靴燭里念昰佞ⓔ魲綣‖莠茲蠅帽圓海\xA6

・ちなみに、株式会社設立に最低限必要な費用は15万円ではなく25万円ほどであることを知る

? 定款に貼る収入印紙:4万円(電子定款の場合は不要)

? 定款の認証時に公証人に払う手数料:5万円

? 登記手続きに必要な定款の謄本手数料:約2,000円(1ページ250円)

? 登記手続きの際の登録免許税:最低15万円(厳密には資本金の額×0.7%)

合計:約25万円

・定款の提出の後は、資本金の払い込み(資本金はいくらにしようか考え中)をして登記簿謄本の提出・・ そのあと銀行口座を開設して税務署へ届け出て設立完了らしい

・ふぅ・・ けっこうやることありますねー プロにとっては大したことないのでしょうが、素人にはすべてが大変に思えます(;"∀")

<次の課題>印鑑代の振り込みと法務局に行って各種手続きの用紙をゲット

◆ 2018年2月22日の進捗(オンライン登記申請についての情報収集)

・定款は確定し、次はの手続きのため情報収集

・をはじめて確認し、資本金がいくらであっても登記に15万円かかることを知る

・「オンラインの申請は登記の申請に限られ、印鑑の提出は対象にならない」ことを知る

・申請の前に印鑑が必要であることを知ったため、法人用の印鑑をつくってくれるサイトを検索し「」を発見

・ということはその前に会社名を決定しないといけない!今のところ2つ候補があって迷うけどほぼ確定

<次の課題>会社名の決定と印鑑の注文とその他、登記手続きのために必要な情報収集

?

◆ 2018年2月16日の進捗(定款の完成)

・麻布公証役場の担当者から電話が来る

・懇切丁寧に、何章の何条を〇
〇のようにしてみたらどうかと指導していただく

・定款が完成する(まさかの完成!こんな簡単だったとは!)

・5月に登記したい旨を相談すると、4月の頭に印鑑証明を持ったうえで公証役場に来てくださいと言われる

・残りの登記にあたる手続きは法務局で確認するように言われる

・法務局のホームページを検索してみると「」の手続きが便利とある(ふむふむ)

※確定した実際の定款の一部はこのような感じ↓(変更の可能性がある部分は黒塗り)

?

?
◆ 2018年2月15日の進捗(定款の相談?)

・約3ヵ月のブランクに焦り、定款の例文にある難しい日本語の理解は諦める(笑)

日本公証人連合会のホームページから定款のフォーマットをワードにコピーして、なんとなく書き換える

・して「おかしな言い回しがあったら教えてくだ
さい」と備考欄に書く

?
◆ 2017年11月27日の進捗(定款の紐解き)
日本公証人連合会のホームページから定款のフォーマットを印刷して加筆修正する
・ 分からない言葉が盛りだくさんで、なかなか進まない
・ 言葉を調べながら昼休みの時間を使ってコツコツ進める予定
・ いつまでに定款を終える、というのは決めていない(正確には、見通しがつかなくて決められない)

?

?
◆ 2017年11月24日(ひとまず公証役場へ)
・ この日から会社を設立するための実働スタート
公証役場に足を運ぶ
・ 「定款(ていかん)」というものを作ってくださいと言われる
・ 日本公証
人連合会のホームページに定款のフォーマットがあることを教わる
・ 定款の案ができたら、メールで担当者に提出する(担当者の名刺を頂戴した)
・ 定款が確定したら、それを持参して法務局へ手続きに行くことを教わる
?
?
◆ エピソード

本当は2017年の娘の誕生日に合わせて

さくっと会社設立する予定でした
?
そして、とくに「会社設立しました」
なんて言わないでおいて
「え!いつの間に!」
なんて驚かれたほうが楽しいなー
なんて思って
わくわくしていたのです(笑)
?
が…
色々と調べるうちに
分からないことだらけで
面倒なことを後回しにしていたら
気がつくともう年末
?
「さくっと会社をつくっちゃう」
という
素敵な計\xB2
茲聾ʍ槪吠琛豕遒辰燭里\xC7
オープンにしつつ
地道に始めることにしました
?
ネットで検索したりすることは
あまり得意ではないので
分からないことがあれば経験者に聞く
ということをしてい
ますが
自身で会社を作られた社長さんに
話を伺ったところ
「まずはに行け」
とのお達しでしたので
その通りに動いてみました
?
完全に手探りですが
会社概要やサービス内容をまとめつつ
ここから先の情報収集も
経験者や担当者に聞きながら
少しずつ進めていきたいと思います
?
どうぞお見守りいただければと思います
?
?
◆ 新着情報 ◆?2018.3.31追記
?
・?ツアー
2018年6月17日(日)に決定
※ 興味のある方はへ(募集開始情報などを優先的にご連絡します)
※ 場所 石川県金沢市(現地集合、現地解散)
※ 詳細が決まり次第ブログにて告知します
※ もりのとうふやシリーズ記事は

?

・?(予約受付中)
日にち?4月30日(月・祝) 
時間?12:00-15:00
場所?にて(詳細は別途ご連絡します)
料金?6,000円

申込?へ

※教室のようすは

※ 興味のある方はへ(募集開始情報を優先的にご連絡します)

?

・?(予約受付中)
日にち 2018年4月15日(日)
時間 
午前の部 10:00-12:00 
ランチ 12:15-13:15
午後の部 13:30-15:30
場所?東京 ・ 赤坂にて(詳細は別途ご連絡します)
料金?9,200円(ランチ別途1,000円)